スタッフからのメッセージ

通信制看護学校を卒業して≪西病棟看護師長 尾方裕美≫

今から3年前院長から突然「通信制の看護学校に行かないか?全面的にバックアップします。」と言われ内心「えーこの年で」と思いました。しかしこれは私だけに与えられたチャンスだと思いました。准看護師も看護師も仕事は同じ、ただ師長になれないだけなんて簡単に思っていました。しかし、その考えはすぐに覆されました。学校の説明会でスケジュールを聞き、ついていけるだろうかと不安に陥り「やめればよかった・・」と思いました。しかしこれは自分で選択した道なので何が何でも全うしてみせると思いました。入学してから、年齢層の巾が広いのにびっくりしました。60歳目の前にし頑張っている人もいて、なんで今さらと思いましたが、すべての人が看護師という名をもらう事が夢だと言っていました。私もその一人でした。

通信のレポートや紙上事例を展開する中で全く看護過程が理解できなく何度も何度も資料を読み返しやっとの思いで完成させ何とか期限に間に合わせ提出していましたが、その為には、時間を有効活用し家庭と仕事に両立も必要であり自分一人の力だけでは限界がありました。仕事は手抜きはできないため、家族の協力で何とかやり遂げる事ができました。毎日何かに追われているようでした。認定試験では寿命が縮まり、発表までの間は不安でさらに寿命が縮まりました。そんな時、いつも部長が「1回で合格するわけないよ、仕事もしてるんだから」と必ず言ってくれ、合格すると「大丈夫だと思ってた」と言われホッとしました。

大変な事ばかりではありませんでした。同じ目標を持つ仲間と出会う事が出来たことや、いろんな人の話を聞いてはじめて自分は恵まれていると思ったこと、「井の中の蛙」といいますがまさしくその通りで町立病院のよさを知りませんでした。体制がしっかりしていること、教育に力を注いでいること、それは医師だけではなく看護師も同じように、また金銭面の援助も病院独自で行いサポートしていることなど、他の病院の人が私の話を聞くとみんな「尾方さんの病院はいいね。恵まれている。」と言われます。夢をつかむため教育に理解のない病院を辞める人、休みの調整ができないため夜勤明けで札幌まで通う人など勉強以外でもいろんな経験をさせてもらいました。

2年間の長く厳しい試練に耐え自分にも自信がもてたのは改めて看護の基本を学び自分を振り返ることができたからだと思っています。それを支えてくれたのは院長始め事務局長の理解と部長やスタッフの協力のおかげだと思っています。入学試験の小論文で、看護師の社会的責任について書いた内容を読み返してみたところ、松前町のような遠隔地の病院で私達に今求められている看護とは、単なるケアではなく看護師1人ひとりがイニシアチブをとって行動するケアであると思う。社会的責任に応えられるように自らを高めていきたいと書いてあることを再確認した。看護師は何事にも根拠をもって患者様の立場に立って、病気をみるのではなく病気をもったその人をみることが大切である。その中には生活習慣やその人の生き様を尊重しなければなりません。看護師としての社会的責任が果たせるよう日々努力していきたいと思います。
 

再就職して ≪外来看護師 木田由美≫

私は、以前当院で勤務していましたが、育児と仕事の両立の壁にぶち当たり、退職という道を選択しました。最初のうちは、子供と過ごす時間が多いことに、喜びを感じていましたが、数ヶ月もすると、何か物足りなさを感じるようになりました。「子供に少し、手が掛からなくなったら再就職しよう」と退職した時から考えていたので、子供が3歳になったのを機に、当院に再就職することを決めました。

2年のブランクがあったので不安もありましたが、働けることへの喜びのほうが大きかったと思います。現在は臨時職員として、8:30~15:30までの外来勤務をしていますが、勤務時間の要望も取り入れてもらい、大変助かっています。子育て世代の同僚が多いので、育児の悩みがある時は、相談できる相手がいるのもいいところだと思います。チームワークも良く、働きやすい職場です。
院内勉強会も定期的に行われており、看護の質の向上のために積極的に参加するように心掛けています。これからも、より良い看護が提供出来るように、日々努力していきたいと思っています。
 

応援ナース ≪東病棟勤務 築地真澄≫

私は以前一度、応援ナースとして松前病院で10ヶ月勤務させていただきました。初めての応援ナースでの勤務はプレッシャーと、本当に自分に出来るのかという不安でいっぱいだったのを思い出します。しかし、スタッフの皆さんが本当に温かく迎えて下さり、何よりも明るくユーモアのある方が多かったので、すぐに馴染んで毎日忙しい中でも笑って楽しく働ける環境です。看護師だけでなく、看護助手さんや医師、検査の方々、事務の方々などスタッフの皆さんが温かいんです。それが忘れられず、一度、松前病院を離れましたが再び応援ナースとして戻ってきました。

皆さんが「おかえりー」と温かく迎えて下さり、また楽しく笑いながら働けることに感謝しています。ただ辛いと思って働いては患者様にも良い看護は提供できないと思います。ここでは、患者様とのコミュニケーションもとても楽しいですし、スタッフ間のコミュニケーションもよく図られているので、それが良い看護を提供することにも繋がっていると思います。地域医療に興味のある方、また楽しく仕事をしたい方、一緒に働いてみませんか?
 

ページトップ