医療コラム

食べすぎ

町広報「まつまえ」21年10月号掲載

 皆さんこんにちは! 秋も深まってきましたね。
今年の私の畑はイモだけだったのであとはもう片付けるだけ。キミはキツネかタヌキにやられちゃったんだよね・・・・(キミとはトウモロコシのこと)。
我々人間は、穀物や魚、野菜、肉などさまざまなものを食べて生きています。食べるといつも幸せな気分になれますよね! レトルトカレーが続くとうんざりしちゃいますが・・・。もっとちゃんと作って食べなくっちゃ。

木村   「シズウラさん、調子いかがですか?」
シズウラ 「先生、これ、健診の結果セ、どんだんだべ?」
木村   「まずまずってとこですナ。」
シズウラ 「そしたらセ、このなり(このままの調子で)食べででいがべ?」
木村 「うーん、ちょっと微妙ですねー。シズウラさん、ちょっと糖の気(け)が
あるんですよ。糖尿病の三歩手前ぐらいですね。」
シズウラ「糖の気あんだか。うちは糖尿の巻(家系、血筋)だはんで。オレの兄もお
どどもみんな糖尿だ。」
木村「あー、そうでしたよね。別家(べっけ=分家)の父さんも糖で通ってます
モンね。」
シズウラ「んだ。先生、おれ、酒は一滴も飲まねぇども、甘いものサ好きで好きでむ
ったり食べてまる。どしたらいがべ?」
木村「お食事は1日に3回ですか?」
シズウラ「んだ。日に3回腹一杯食ってら。」
木村「日に3食で、それにむったり甘いもの食べてるのはちょっと食べ過ぎです
ねぇ・・。ごはんはどれくらいですか?」
シズウラ「茶碗に一膳だ。そのあとパンも食うことあるんだ。」
木村「そうですか・・・。じゃあかなり食べ過ぎですね。甘いものを減らすか、
ごはんの量を減らすかどっちかですね。」
シズウラ「おれはメロンパンが好きでのぉ・・・。毎日楽しみで楽しみで・・。」
木村「(オレも好きなんだよな・・) シズウラさん、メロンパンってごはん2
膳ぐらいの栄養があるんですよ!」
シズウラ「栄養あるんだばいいんでないのか」
木村「あ、説明が悪かったです。栄養がありすぎて糖の気が出ちゃうんですよ。」
シズウラ「んだか。わがった。今度から我慢する。先生、アンタの口にメロンパンの
カス、付いてらぞ。」
木村「・・・・」

生きていくためには必要な栄養を摂らなきゃいけないわけですが、「過ぎたるは及
ばざるがごとし」です。ずっと食べ過ぎていると身体がもてあましてしまい、「すい
臓」というところがくたびれちゃいます。そうすると糖尿病になりやすくなるわけ(血
糖値が高いのを糖尿病といいます。「高血糖病」と名前を変えりゃいいのにね)。も
ちろん持って生まれた体質も大きく関係します。もうちょっと食べたいところでやめ
ておく習慣をつけましょうね! では。

院長 木村 眞司
コラムの一覧へ