医療コラム

全科診療医ってどんな医者?

町広報「まつまえ」24年10月号掲載

みなさんこんにちは。松前病院の吉野です。
今年の夏は、これまでにない程の残暑でしたね。外来でお話を伺うと、みなさん水分摂取にはかなり気をつけていらっしゃるようで、「夏まけ全然してないよ!」という方も多かった印象です。水分に限らず、日頃の体調管理がいかに重要か実感しています。

さて、今回は「全科診療医」についてです。平成20年から松前病院で全科診療医による診療が始まってはや4年半になります。みなさんも十分ご存じかも知れませんが、改めて御紹介したいと思います。

●どんな医者なの?
みなさんのあらゆる健康上の問題について、科や専門を問わず診療し、責任を持って対応します。身体の問題から心の問題まで、どんなことでもご相談頂けます。より幅広い問題に対応すべく研鑽・経験を積んでいます。

●じゃあ何でもできて何でも治療できるの?
 日常で生じる健康問題の大部分は松前病院の外来・入院治療で対応可能ですが、もちろん全科診療医だけで何でもできるわけではありません。医師個人の力量や松前病院の医療設備を超える場合については、適切な専門医を御紹介したり、専門医と協力の上治療を行っています。
 緊急の病気なのか、入院が必要なのか、専門医への紹介が必要なのか等の判断を行い、最善と考えられる対応を行います。

●結局、何ができるの?
 症状や健康問題の種類を問わず何でもご相談頂け、まず診察し、受診頂いた患者さんそれぞれ一人一人にとって最もよい道すじを提供する事です。
ほとんどの場合はそのまま治療に当たり、地元で適切な医療を提供できます。専門的診断・治療が必要な患者さんには、適切な専門医をスムーズに受診出来るよう取り計らっています。 
 
松前病院では、医師のみならず、看護・リハビリ、薬剤師・技師・看護助手、病院職員一同幅広い診療内容に対応すべく日々研鑽し、みなさんが日々安心して過ごして頂けるよう頑張っています。

内科部長 吉野 光晴
コラムの一覧へ